toggle
2016-02-13

小学校でのミニチュアクラブのこと 追記 また長いです

● 小学校でのミニチュアクラブ 最終日 ものづくりについて  ●

の 続きです。

 

15年は・・・数字にすると長いようで 本当にあっという間の夢のような時間でした。

ずっと講師をさせて下さっていた学校にも感謝です。

15年の間には 茶道など外部の講師を招いての様々なクラブがあったのですが

皆終了してしまいました。

大変大変ありがたいことに ミニチュアに興味を持ってくれる子が

毎年沢山いてくれて それを理解して下さる学校側のお陰で

続けてこられました。

来年もと惜しんでくれる子たちの想いを受け止められないのは

心苦しいですが 私のミニチュア人生を逆算した時

制作できるのは たぶん もうそんなに長くないような気がして

悔いないように 決断させて頂きました。

 

そもそもクラブの講師のきっかけは 小学校に入学した息子の

5月の家庭訪問で 担任の先生が 玄関に飾ったミニチュアに目を留めて下さり

是非 高学年のクラブで 子どもたちにもやらせてもらえないか?ということで。

その翌月から始まりました。

私自身ミニチュアを始めた年で 作ることも教えるということも

学びながら 一緒に歩ませてもらいました。

 

一時間の授業の中で片付けまでする。

カッターは安全の為使用したくないので

それらを考慮しながら できるだけ簡単な制作手順を考える。

人数分の材料や下準備など 実はとても大変だったのですが

同じものを沢山作るということは 集中力も必要で 何よりも 練習になりました。

 

昨年の バレンタインデー前に 子どもたちに食べれる本物のミニチュアチョコを

作ってプレゼントしたことがあり 制作過程を小さなレシピ本にして添えました。

●その時の詳細はこちらからご覧いただけます●

clubchoco7 clubchoco13

チョコを入れる箱や本が 間に合わない~!となって

息子に朝まで手伝ってもらっていた時

「そんなにやっても 子ども達(の心)には響かないんじゃないの?」って。

小学生って 思うより大人です。

習い事や塾に追われて・・・

すごいゲームとか 玩具もお菓子も 沢山溢れていて・・・

・・・その通りかもしれません。

でも私は・・・

「自分が100%では伝わらない。それ以上の ”何か” で

1人だけにでも 心に残ったらいいなぁと思っている。」 と話しました。

 

クラブの最終日に生徒さん達からもらったアルバム本(写真とコメントの入った)を

見ていたら 一番思い出に残っているものの中に

その時の小さなレシピ本の写真と チョコのことが書かれていました。

 

あぁ、伝わったのかな・・・って 嬉しくなりました。

 

伝わったといえば・・・

 

過去のクラブの生徒さんで 言葉を話さない子がいました。

話さないのか話せないのかは わかりませんでした。

私が色々話しかけても無言で

他の子が「その子に話してもムダだよ。話さないから」と。

作業も一番遅くて でも根気強く最後まで制作して。

その子の卒業が近くなった クラブの最後の日

私の前に来て 「ありがとうございました」って言ってくれて。

その瞬間 涙が溢れました。

数年後 その子の妹さんも クラブに入部してくれて

「お姉ちゃんが よろしくって言ってたよ」って。

何かを伝えられていたのかなって・・・満たされた気持ちになりました。

 

息子の小学校入学と共に始めたクラブですが その息子も もう大学4年生。

私もいいお年頃(笑)で 老眼も始まったみたいですし

見えづらくなってきて その先のミニチュアの道が狭くなっていく気がしていた所

そうだ!1/12じゃなく1/6サイズで作ればいい!と 試しに1/6サイズも作り始めたら

狭くなっていくようだった道が広がって。

そんな頃に ある作家さんからメールを頂いて。

1/12サイズで作れる間は できるだけやってみようかな、と思わせてもらいました。

なので 気分と視力と相談しながらですが スケールがだんだん大きくなってきたら

ああ、もう見えないのね!って思って下さい^^

 

以前もお話したことがありますが 昔 仕事や家事に追われて

制作時間もなくて 「落ち着いて出来るようになったらやろう」と思っていたら

ある人から 「その頃には 目も見えなくなって 何より気力がなくなるんだよ。

やりたい時に 時間を作ってでもやりなさい。」と言われて 続けてきました。

”ある人”って 実は母親なんですけど 事情があってずっと離れて暮らしていて

何となく 母って言いづらくて。

でも やりたいことをやれずに生きてきた母の言葉だったからこそ

重みがあって 自分には見えていなかった先の後悔を教えてもらったようで

とても感謝しています。

 

ずっと ミニチュアを優先してきたので・・・

それができなくなったらやりたいと思うこともあって。

それもまた楽しみです。

LINEで送る
Pocket
はてなブックマーク - 小学校でのミニチュアクラブのこと 追記 また長いです

関連記事