toggle
2019-03-24

インコのお話 みどりちゃん

インコのお話 みどりちゃん。

● 以前のお話は こちらから ●

もうね、何度も何度も 危機を乗り越えて頑張っています。

自咬症、産卵過多、卵詰まり、脱肛。

小さな生き物にとっては 些細なことも命に かかわります。

数か月前に 何度目かの卵詰まりを起こし

一度は冷たくなりかけて・・・それでも

きいたんのことがあったので マッサージしてたら一命を取り留めました!

が、両脚が麻痺してしまい 歩けなくなりました。

毎日 フンが詰まらぬよう拭いて

自力では食べれないエサや水 そしてマッサージ。

せめて数日でも・・・と願いながら。

すると 日に日に元気になり 歩けないけれど

両羽を使い 移動するように!← 「ウミガメか!」とツッコミ。

今ではエサも自力で食べ 歩けないのが もどかしいからか

5cm位 飛んだりもします^^

みどりちゃんって 本当にすごい!!!!!

それでも一日の大半は寝た状態なので

羽や関節が固まらないよう 手のひらに乗せ

私が歩くと 変わる景色をキョロキョロ見渡しながら

手の上で嬉しそうに羽をパタパタ。飛んでいるつもりよね 可愛い。

鳥の習性なのでしょうが それすら出来なかった日々を想うと涙。

足に床ずれが出来ないよう ケージ内にはフワフワの敷物を敷いて。

ネックウォーマーの中が お気に入りで おやつの粟穂をぽりぽり。

セキセイインコ

 

今では 出たい、抱っこ、お腹すいた、水飲みたい、がわかります。

ネックウォーマーに入りたい時は 私の袖や服に入り込もうとグイグイ。

そして まだケージに入りたくない時は 入れようとすると

両羽を目いっぱい広げて阻止します。 ←「キーパーか!」と

ツッコミます。

昨日は ケージのフワフワの上に 仰向けになって爆睡。

インコって こんな人みたいに眠ることもあるんだ!と笑いました。

 

画像は過去作。(2016年3月 制作)

テディベアは本物と同じような制作方法で

自作のグラスアイ(ガラスをバーナーで溶かして制作)

型紙を起こし 縫い合わせています。五か所可動、自立可。

万華鏡は 本物と同じように筒を回すと模様が変幻します。

● その様子はこちらからどうぞ ●

teddybear ミニチュア 桜 万華鏡 teddybear ミニチュア 桜 万華鏡 teddybear ミニチュア 桜 万華鏡 teddybear ミニチュア 桜 万華鏡 teddybear ミニチュア 桜 万華鏡

kaleidoscope ミニチュア 万華鏡 桜に想いを・・・

Pocket

関連記事