toggle
2016-05-11

1/12 scale ミニチュア 純銀製 スプーン + 研磨作業について 

1/12 scale ミニチュア 純銀製 スプーン。

昨年末に 銀粘土でハサミ等のソーイングセットを制作しました。

ミニチュア 純銀製 ハサミ silver sewing ミニチュア 純銀製 ハサミ silver sewing

その時の粘土が余っていたので スプーンに挑戦。

本当は5本セットにしようと思ったのですが 焼成時に2本失敗してしまい

今3本残っています。

ここから研磨していくのですが 無事残るのは何本でしょう・・・怖

ハサミの時に 研磨でかなり薄くなってしまい 失敗したので

原型は厚く一回り大きくして。

ミニチュア 純銀製 スプーン カトラリー silver ミニチュア 純銀製 スプーン カトラリー silver ミニチュア 純銀製 スプーン カトラリー silver ミニチュア 純銀製 スプーン カトラリー silver

最初に頭の方を 大まかに研磨します。

柄(持ち手)部分はこれから細く整えていきます。

(先に細くすると折れる為 カトラリーを制作する際はいつもこの順番です)

 

以前もお話したことがありますが・・・

長時間研磨作業をしていたことで 振動病になりました。

今は 数分ルーターを使用するだけで 振動により指先が痺れます。

鐘をついた時のように じーーーーんとなります。

暫く休むと治まりますが 数ヶ月ぶりにルーターの作業をしても 同様になります。

なので 少しやっては他の作業をして・・・と細切れにしています。

まあ、ルーターにとっても 長時間使用しないのは 良いことなんですけど。

 

研磨作業の際は 粉塵を吸わぬようマスクをしたり

防護用にメガネも大事です。

以前 メガネを拭こうとして ふと見たら

レンズに破片が飛んだようで小さな傷が付いていました。

メガネがなかったら 怪我をしていたと思います。

 

ミニチュア制作は ピンセットや指先を多く使うので 腱鞘炎にもなりやすく

同じような作業をされる方は こまめに休憩したり

終わった後 アイシングしたり ご自愛下さいね。

Pocket

関連記事